« あまえないでよっ!!喝!! 第12話「終わらないでよっ!!」 | トップページ | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第13話「A Golden Afternoon」 »

2006年4月 2日 (日)

Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第24話「虹色(なないろ)のフィナーレ」

 エリスエンドは良かったけど、あまりにも強引な展開で非難囂々みたいです。
 まあ確かに浩樹のエリス対する葛藤みたいなものが全く描かれていなかったので、なんで最後にエリスに走ったかは不明ですよね。
 でも僕自身はこの最終回を楽しめたし、(いくつか引っかかるところがあったにしても)良かったと思いました。

 おそらく僕は頭の中で勝手に浩樹の気持ちを補完していたのでしょう。

 霧とデートしながらも、本当はエリスが気になってしょうがない筈だ!とか、エリスが独りで海外に去ってしまうのは耐えられない筈だ!、とか。

 これはなにかというと、ギャルゲーをやるようにこのアニメを見ていたという事です。

 浩樹はギャルゲーの中の顔のない主人公にそっくりです。やたら周囲に流されるし、何を考えているか分かりません。でもギャルゲーの主人公はそれでいいのです。プレイヤーは攻略対象のヒロインを既に決めてプレイをしていますので、その文脈においては、主人公のいかなる行動も、全ては目的のヒロインと結ばれるに至るまでの迷いや葛藤として読み取れるからです。

 僕は最初からエリスルートとしてこのアニメを見ていました。僕の中では浩樹の心はエリスルートまっしぐらでした。一方で、霧も浩樹の心にエリスがいるというのを知っていて、それでも彼と付き合うという葛藤を抱えた存在でした。従ってラストは落ち着くべきところに落ち着いた、という感じです。
 逆に霧ルートとして見ていた人たち、あるいはニュートラルに恋愛ドラマとしてこのアニメを見ていた人たちにとっては、ラストの主人公の行動はあまりにも唐突で意味不明でしょう。

 そういう意味で、このcanvas2はギャルゲーを極めて忠実にアニメ化したと云えるかもしれません。
 それが正しいアニメ化の姿かどうかは別として、ひとつのチャレンジだとは思います。
 ただこのようなアプローチを取るのであれば、もっと早めにエリスルートである事を明確にしておいた方が良かったもしれません。主人公の気持ちを直接描かずとも、周囲の登場人物を通して、エリスルートである事を視聴者に伝える事は可能でしょう。なかなか結ばれない主人公とヒロインという物語は、定番ではあるけれど、説得力があります。
 逆にエリスエンド・霧エンドどちらになるか最後になるまで分からない、というスタンスであれば、もっと浩樹の揺れ動く心・葛藤を描写する必要があったでしょう。

 ということで、僕個人的には結構楽しめたcanvas2ですが・・・最後に二つだけ突っ込ませてください。

 美咲菫の歌は唐突です!  あれじゃギャグにしか見えないと、DCSSのことりの時も云ったじゃないですか。
 藤浪朋子の死亡&復活エンドは完全に蛇足。意味不明。趣味が悪い。

|

« あまえないでよっ!!喝!! 第12話「終わらないでよっ!!」 | トップページ | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第13話「A Golden Afternoon」 »

コメント

 非常にわかりやすくて納得のいく記事で目からウロコが落ちました~。ギャルゲーというものを良く知らないので浩樹の心理が全くわからなくて困ってましたけど、そういう事なら違和感なく見られるかもしれないです。 
 それでもやっぱりアニメとしては疑問符がつくと思いますけどw
 でわでわ。
 

投稿: 妹子@むにゅ | 2006年4月 4日 (火) 07時20分

>妹子@むにゅさん
コメントありがとうございます。

>それでもやっぱりアニメとしては疑問符がつくと思いますけどw

そうですね、大多数の反応を見れば、このアニメが失敗したのは一目瞭然ですね。
珍しく主人公の年齢層も高く、魔法も宇宙人も出てこない純粋な恋愛ドラマを描こうとしていたのは好感触だっただけに、もったいないです。

投稿: ゆらゆら | 2006年4月 4日 (火) 20時05分

はじめまして。よろしくお願い致します。

>ニュートラルに恋愛ドラマとしてこのアニメを見ていた人たちにとっては、ラストの主人公の行動はあまりにも唐突で意味不明でしょう。

私はこの作品をドラマとして見ていたため、ドラマを自ら破綻させたあの結末には厳しい見方をしています。

終盤のあざといともいえる展開や描写(エリスの交通事故、エリスの顔を間近で見て赤面する浩樹など)から、エリスエンドを意外とは感じていませんが、筋を強引に捻じ曲げていく監督の作為が感じられ、見ていてどんどん興ざめしていきました。

ドラマとしての魅力や完成度を犠牲にしてまで、強引にエリスエンドに持っていく意義はないと思いますし、エリスエンドにするなら、ストーリーの構成も内容も、登場人物の心理描写も、全く違ったものにしないと説得力がないと考えています。

>このcanvas2はギャルゲーを極めて忠実にアニメ化したと云えるかもしれません。

なるほど、そういう見方もあるのですね。とすると、ドラマとして落第でも当然かもしれません。

投稿: たぬきのたからばこ | 2006年4月 7日 (金) 10時01分

>たぬきのたからばこさん
初めまして。コメントありがとうございます。

>とすると、ドラマとして落第でも当然かもしれません。

 まあ僕自身もそんなにギャルゲーをやり込んでいる訳ではないので、もしかしたらドラマとして成立するギャルゲーというのがあるのかもしれませんが、記事に書いたように、プレイヤーが目的を持っているという前提で、強引なシナリオ展開が許されるのも事実だと思います。
 いずれにしても、ギャルゲーをアニメにする際には、作り手側はゲームとアニメのドラマ性の違いというものについて、もっと自覚的になる必要があるのでしょうね。

投稿: ゆらゆら | 2006年4月 7日 (金) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140335/9398818

この記事へのトラックバック一覧です: Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第24話「虹色(なないろ)のフィナーレ」:

» Canvas2 〜虹色のスケッチ〜 最終話感想 [少年カルコグラフィー]
 ちょっ! 最後の最後まで、目が離せなかったんですけど!!  個人的にこのアニメは、10点中10点満点です。  では、最後の感想、行ってみます。 [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 20時25分

» Canvas2 〜虹色のスケッチ〜 第24話(最終回) [パズライズ日記]
浩樹のために描きあげた絵を残し、ひとりタクシーで旅立つエリス。 赤で描かれたその絵を見た浩樹は、霧の約束を断って自分も筆をとり、その絵を持って空港に向かう、というお話。 大逆転エリスエンドでエリスファンとしては嬉しいですが、なんというか・・・。 部長の....... [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 20時47分

» Canvas2〜虹色のスケッチ〜 最終話 [月の静寂、星の歌]
副題「虹色(なないろ)のフィナーレ」  感想記事を書いたことが無かったこの作品ですが、ずっと楽しみに観ていたアニメのひとつです。  実は最終話を前にして私の予想というか、ある “懸念” が出てきてしまって、どうなることやら、と、はらはらしながら観たの....... [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 22時36分

» Canvas2 ~虹色のスケッチ~最終話 [Pinkの悪魔]
「虹色(なないろ)のフィナーレ」 このアニメも半年見ていました。最終話の評判かなり散々ですね。私はそれほど酷いとは思いませんでしたが、多くの方がダメ出しするのも分かるようにも思います。 先ず私は正直言... [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 23時17分

» ■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第24話「虹色(なないろ)のフィナーレ」 [ゆかねカムパニー2]
 そんなわけで、私の望むエリスエンドになりましたっ♪。  って、素直には喜べないんですけど…。  というか、全然喜べません。  過程をすっ飛ばして結末だけそうな [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 13時15分

» よみがえるかしまし 灼眼の乙HiMEタン~虹色の輪舞曲~ [詩稀村通信]
 遅くなったけど、3月期終了アニメでレビ [続きを読む]

受信: 2006年4月19日 (水) 19時30分

« あまえないでよっ!!喝!! 第12話「終わらないでよっ!!」 | トップページ | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第13話「A Golden Afternoon」 »